配信日:2020年7月15日

 

“こんにちは、河合商事の河合です。

先日、こちらの記事を公開させて頂きました。ぜひご覧ください!

 

▽テレアポからインサイドセールスへ。テレアポを進化させる5つの方法

http://kawai-shoji.com/tellapo-to-insidsales/?utm_source=20191111&utm_medium=mail

 

弊社のアポ率は、平均5~6%。高い案件ですと、10%を越えるものもあります。

そのため、よく「高いアポ率の秘訣は?」と聞かれるのですが、いつも答えに困っていました。

 

ですが、今はっきり理解できました。

高いアポ率の秘密。それは、

 

『面倒だけど、「絶対やるべきだよな!」ということを愚直に積み上げているから』

 

という結論に行きつきました。

やっていることは地味で、特別なことはやっていません。誰もができることです。

しかし誰もができますが、面倒で手間なので、継続できません。

 

「ま、いっか・・・(面倒だし)」

 

ついつい自分に言い訳したくなる小さな仕事、ありますよね?

それら小さな仕事は、「やはり」無視してはいけなかったのです。

 

小さな仕事の積み重ねは、やがて大きな結果となるのだなと実感しております。

では、テレアポにおいて、どんなことがアポ率の違いになって表れるのか?

本日のメルマガはそんなお話です。

※例にも漏れず、WEB上に公開しない「本音トーク200%」でお届けします!

 

■「取り合えず資料」を侮りすぎている。

単刀直入に申し上げます。

世に多く存在するテレアポは、「取り合えず資料」を侮っております。軽視しております。

 

※本音トークが多分に含まれるため、WEB非公開・メルマガ限定とさせて頂きます。

バックナンバーをご希望の際は、お問合せフォームよりご連絡頂けます様お願い申し上げます。