こんにちは!河合商事のアポインター、平山です。

今日は「アナタの事 嫌い」と思われていたお客様から、「実はめちゃくちゃ良い人だった!!」と思わせる

心理を利用した戦略法についてお話したいと思います♪

 

・心理学&テレアポノウハウ♪│そのギャップがチャンスの鍵♪
・心理学&テレアポノウハウ♪│ギャップがあるほどイメージアップ!
・心理学&テレアポノウハウ♪│これでアナタも感謝される人♪

◆「心理学&テレアポノウハウ♪│そのギャップがチャンスの鍵♪

「営業」や「テレアポ」のお仕事をしていると、何故だか「悪人扱い」される事ってないですか?

 

「忙しい時に電話してきて!邪魔しないで!」とか

「またワケの分からない物売りつけようとして!騙されないわよ!」

みたいな応対される事、絶対経験しますよね(涙)

 

お客様からすると私達アポインターは「大嫌いな存在」なんですよね・・。

だからと言って悲しむ必要はありません!

「大嫌い」そう思われている事こそ、最大のチャンスです!ラッキーなんです!

 

◆心理学&テレアポノウハウ♪│ギャップがあるほどイメージアップ!

 

例えば、好感度が物凄く良いタレントのAさんと、好感度が良くないタレントのBさん。

二人共が「良い行い」をしたとして好感度がより上がるのってどっちだと思いますか?

答えはBさんです!

クラスでいつも明るくて人気者のAさんと、物凄く大人しいBさん。

Aさんが面白いことを言っても「普通に面白い」で終わりますが

Bさんが冗談を言った日には「実はめっちゃ面白い人だったんだ!!」と過大評価されます。

職場でいつも優しい先輩が今日も手作りのクッキーを振舞ってくれた。

職場でいつも怖くて苦手だった先輩が「今日はありがとう」と言って缶コーヒーを買ってくれた。

職場で「実はめっちゃいい人!!」と、ヒーローとして語られるのは 後者の怖い先輩の方です。

最初から「いい人」はスタート地点がもともと高く、多少良いことをしてもそれほど変化ってないのですが

そうでもなかった人は少しでも良い事をすると、そのギャップで「凄く良い!!」と感じてしまう心理です。

 

◆心理学&テレアポノウハウ♪│これでアナタも感謝される人♪

これは 私達にも活用出来る事なんです♪

嫌われているからこそ、「ですよね」って相手の怒りを素直に受け入れて

商材のデメリットから正直にお話しするのも効果的なんです。

「仰る通り、●●にはこういったサービスは無いのですが、その代わりと言っては何ですが●●だけは負けないんですよね」って

 

コレ出来ます!アレ出来ます!って出来る事をアピールするより

出来ない事ををきちんとお伝えする方が信頼度が増し、商材に対する興味も深まり、お客様からの質問も増えたりします。

このくらいお話が出来た頃には「アナタの事 嫌い」って思っていた気持ちが

「よくある営業電話とは違う」とか「悪い人ではない」「正直な営業マン」という良いイメージに傾き始めていて、

ここでお客様に寄り添う「共感トーク」を使えば電話を切る頃には

「今の人、色々教えてくれて 実はめっちゃ良い人だった!!」と言う印象、記憶を残すことが出来ます。

ギャップがあるお陰で、ほんの少しのイメージアップで大逆転です♪

そこから得た信頼は「アナタから買いたい!」と言わせる事が出来るほど最強!

是非試してみてくださいね♪

次回は 「心理学&テレアポノウハウ♪│あの人も使ってる!共感トークはやっぱり最強!」のお話です。

絶対見てくださいね!