こんにちわ♪ 河合商事のアポインター、平山です。

昨日は桃の節句、ひな祭りでしたね。

皆さんのご家庭でも、お内裏様とお雛様、飾りましたか?

 

ひな祭りの由来は、中国の行事である『五節句』の一つ『上巳』だそうですね。

節句は邪気が入りやすいといわれ、中国では川で身を清める習慣があったそうですよ。

 

日本では、紙でつくった人形を体になでて自分のけがれを移し、
川に流すことで邪気払いをする風習が広まったそうです。

時代が進むにつれ人形は流すものではなく『飾る物』に進化し今に至っているようです。

と、この情報は、昨日SNSで知ったものです♪

最近は知りたい情報が簡単に入手出来るので有難い時代になりました。

 

皆さんもこのSNS、活用しておられますか?

ビジネスアカウントとして運用している企業様も多のではないかと思います。

このインスタが、なぜビジネスに役立つと言われているのかご存じですか?

アフェリエイトのように

『インスタの投稿』

が直接収入に繋がるわけではありません。

実はインスタを投稿することで、

『親近感』をもたらし、

『集客』につなげているのです。

この効果を『ザイオンス効果』と言います。

 

・心理学&テレアポノウハウ♪│ザイオンス効果がもたらす影響力
・心理学&テレアポノウハウ♪│親近感は、どれほどの効果があるの?
・心理学&テレアポノウハウ♪│親しみを感じ、より印象に残すことの重要性

 

◆ザイオンス効果がもたらす影響力

 

この『ザイオンス効果』を簡単に説明すると、

頻繁に目にすることで、それに対して

『親近感が生まれる心理』

のことを言います。

テレビのCMでも同じことが言えます。

毎日何度も流れるCMで、その商品と頻繁に接触することになり、

結果、親近感を覚え、実際に手に取り、購入に至ると言うケースが多くなります。

 

しかし、テレビのCMには膨大なコストが掛かります。

誰でも気軽に・・・と言うわけにはいきませんよね。

それに比べ、SNSは費用を掛けずに宣伝が出来る『誰もが使える手法』と言えます。

 

◆親近感はどれほどの効果があるの?

 

実際にこの『ザイオンス効果』で大成功を収めた企業があります。

皆様ご存じの、日本の大手自動車メーカーのトヨタでは、

広告費をなんと、5000億円近く掛けているとの情報があります。

広告にこれだけの費用を掛けているトヨタに対して、

ほとんど費用をを掛けず認知度を獲得した企業があるのです。

アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点に、ソーラーパネルや蓄電池等を開発・製造・販売している

自動車会社である『テスラ』がそれにあたります。

トヨタの時価総額を超えた、その宣伝の手法の一つが『SNS』だと言われています。

このように、『SNS』をうまく活用することで、多くのファンを獲得し、収益を上げることが可能な時代なのですね。

 

◆親しみを感じ、より印象に残すことの重要性

 

『SNS』はテレビのCMとは違い

双方が『コミュニケーション』がとれるツール。

より身近に感じることが出来、親しみを感じ、常に印象に残るものなんですね。

印象に残る物、記憶に残る物は、

『消費者の注意を引くことが出来るもの』

と言うことに繋がります。

今後の経営戦略で、大いに活用していきたいですね♪

 

◆テレアポでも出来る「印象に残す話し方」

テレビのCMや、SNSは目に見えるものなので、

『印象に残すための宣伝』として取り入れることが出来ます。

お顔や姿が見えないテレアポでは、

『話し方』を利用して

『印象に残す』と言うことが出来ます。

どのような『話し方』をすれば、より強く印象に残すことが出来るのか?

河合商事の公式ブログでご紹介しています。
https://apohime.kawai-shoji.com/souzouryoku/?utm_source=20210304&utm_medium=mailh

こちらもぜひ読んでくださいね♪