こんにちわは。河合商事のアポインター、平山です。

皆さんは、「ベーシックインカム」と言う制度についてご存じですか?

この度のコロナ禍で耳にされた方も多いのではないか?と思います。

ベーシックインカムとは、全ての人に対する所得保障として、

「一定金額の現金を支給する制度」

の事ですね。

日本でも国民に一律で10万円の支給が行われ「一回きりのベーシックインカム」

なんて言われていました。

このベーシックインカムは、日本の少子化対策の解決の糸口になるかもしれないと言う説もあります。

ですが、「働かざる者、食うべからず」と言う風潮もあり、賛否両論あるようですね。

 

◆予想外に正解かも?!ゆとりのある生活が生む人間の向上心

海外で、ベーシックインカムの導入を試験的に行ったデーターでは、

「定期的に現金の支給があることで、就労への意識が低下するのではないか?」

と最も懸念されていた点に関して、

「その傾向はほとんど見られなかった」

と言う、何とも前向きな結果が発表されていました。

収入が安定し、精神面で「余裕」が出来ることで、更に生活を向上させようと新たな職に就いたり、起業する人も居たそうです。

素晴らしい結果内容ですね♪

人間のDNAには元々、現状に甘んじることなく、

「常に向上し、進化していく」

という意識が備わっていたのだな、と感じました。

しかし、逆に言うならば「余裕」がない状態では、その機会も失ってしまう・・・という事かもしれません。

 

◆「時短」とは、「新たな時間」を生み出す工夫

「余裕を持つ」という事に関しては、仕事と家事を両立するうえで、私にとっても切実な課題と言えます。

「時間に余裕がない状態」で過ごしていると、心の中まで荒んでしまい、

その結果、まわりにいる大切な家族や、職場の同僚、仲間に対しても思いやりが持てず、心無い対応をしてしまう事もあります。

 

その対策として私は、普段行う家事においては「とにかく時短」と言うことを意識し実施しています。

例えば料理に使う食材は、「カット」されたものを選びますし、

調理もボタン一つで煮込み料理が出来る「炊飯器」の活用や、洗い物は食洗器にお任せしています。

食材はコスト的に少し高くなりますが、余分な洗い物も無くなると言う利点があり、

その分の費用を考えると、気にするほどではないのかな?と思っています。

 

それよりも・・・♪ 「時短」が出来る便利な物を使うことで、「肉体的、精神的疲労から解放される!」

 

このメリットの方が大きく、空いた時間で子供とおしゃべりする「新たな時間」も作れます。

これは、私にとって最大の「プライスレス」です。

 

◆業務効率化には「時短ツールが欠かせない時代」

お仕事でも、同じことが言えると思います。

最近は「時短」出来る便利なツールがたくさん世に出ていますね。

しかも、高度な知識や、技術など不要で、一般の人にもすぐに使えると言う夢のような物まで♪

これらを利用することで、「新たな時間」を作ることができ、

 

「後回しにしていた気になる業務」や

「顧客のフォロー」等に充てることが出来れば・・・! それこそ、一石二鳥です。

 

「使いこなす自信がない」と言う理由で遠ざけるのは避けるべきと改心させられました。

私も機械関係は全くの無知で、未だに苦手意識があります・・・。

しかし、「これぞプライスレス!!」と言う感動的なツールと出会えるかもしれません。

何でも手に取って試してみる「興味心」大切にしていきたいです。

 

◆河合商事公式ブログも更新中

・最新記事「テレアポで聞いた生の声。AI導入を拒む3つの理由。」
https://apohime.kawai-shoji.com/ai-akaruimirai/?utm_source=20210316&utm_medium=mailh

・テレアポにおいて「適切なタイミングの重要性」
https://apohime.kawai-shoji.com/taiming/?utm_source=20210316&utm_medium=mailh