こんにちは。河合商事のアポインター、平山です。

皆さんは、ピンチをチャンスに変え、窮地を乗り越えた偉人のお話をどれくらいご存知ですか?

今でしたら、日本初の銀行など約500の企業を設立から、

「日本資本主義の父」

とも呼ばれ、今年のNHK大河ドラマ【青天を衝け】の主人公でもある、

渋沢栄一さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな、ある偉人の【超ポジティブ】な手法でピンチを乗り越えチャンスをつかんだ、

サクセスストーリーについてのお話です。

 

◆斬新すぎる 「幸運のチーズ」

 

誰もがご存じの紅茶で有名な「リプトン」

ティーバッグを世界中に先駆けて量産し、

北米を中心に事業を展開している、食料、生活用品の超大手メーカーです。

 

そんな「リプトン」と言う会社を急成長させ、大成功を収めたのは、

初代社長の、トーマス・ジョンソン・リプトン氏です。

 

このリプトン氏は、

「斬新すぎるマーケティング戦略」

により、

「アンチさえも宣伝に利用してしまう」

と言う手法で、売り上げを伸ばした歴史があるのです。

 

リプトン氏が売り上げを伸ばしたのは、紅茶ではなく【チーズ】でした。

自分のお店でチーズを販売するものの、その売り上げは芳しくなく、

どうしたものかと頭を抱えていたそうです。

そこで、リプトン氏が抱える問題に対してたどり着いた答えは、

 

「普通の販売方法では、売れない」

 

と言うことでした。

 

それでは、普通じゃない販売方法とは一体どんなものか?

リプトン氏の戦略は、なんと、

「チーズの中に金貨を入れて販売する」

という斬新なアイデアでした。

リプトン氏はその販売方法を実行し、結果、お店のチーズはあっという間に完売したと言われています。

 

このアイデアは、その地域のクリスマスに行われる文化として、

「取り分けられたクリスマス・プディングの中に、銅貨が入っていた人は幸運に恵まれる」

と言う習わしを真似たもので、

「幸運にあやかりたい」

と言う人の心理をうまく利用したものだったのです。

 

◆アンチさえも宣伝材料に利用する♪ポジティブな発想。

 

チーズの売り上げを成功に収めたリプトン氏ですが、ここで思わぬ窮地に立たされてしまうのです。

クリスマス・プディングのように、異物が入っていることが解りやすいものではない、

【チーズ】の中に金貨を入れてしまった事で、

 

「金貨の誤飲の恐れがあり、非常に危険なものである」

 

という世論に巻き込まれ、風向きが変わってしまったのです。

危険な食べ物と言うレッテルを貼られてしまったチーズを、

リプトン氏はどのようにして、

「買ってみたい」

と言う心理に変換させたのでしょうか?

 

その答えはなんと、

「うちの店のチーズは窒息の危険があります」

と言う宣伝広告で、

「炎上を、更に炎上」

させ【話題】にすることで、人々の購買意欲を刺激することに成功したのです。

 

アンチの発言に対して【ビラ】を打ち、否定的な発言をも徹底的に、

「宣伝へと変化させる」

と言う、天才的な話題作りの手法で、ピンチをチャンスに変え成功を収めたのでした。

 

◆第三者が見出す「売り方」がヒットの鍵

リプトン氏が最初に気付いた、

「普通の販売方法では売れない」

と言う視点。

 

これは、【物を売る】と言う行為を継続しつづける企業において、

非常に大きな気付きなのだと感じます。

 

似たような物、同じような物があふれている今だからこそ、

差別化できるPRや、アプローチ法が大きく影響するのだと思います。

 

人の心を掴む言葉や、心に刺さる話し方が出来なければ、

「買いたい」

と言う気持ちにさせること、つまり【人を動かすことは出来ない。】のだと思います。

 

日々テレアポをする中で、お客様の反応を肌で感じている私たちは、このことを確信しています。

自社で、

「この商品は、ここへ売りたいのだ。」

「この宣伝で、売りたいのだ」

その信念で営業展開されている様々な商材があります。

 

御縁があり、私たちがその商材をお預かりする中で、

 

「この商材、実はもっと別の所でニーズがあった」

 

と言う発見があった事例も少なくありません。

 

「普通ではない販売方法とは何か?」

様々な商材と関わる機会が持てる、私たちだからこそ見えるものがあるのだと思います。

これからも企業の、

【営業力の強化・支援に明確な成果をもたらすこと】

が出来るよう精進し、邁進する所存です。