こんにちは。河合商事のアポインター、平山です。

今週末から、いよいよ7月に突入ですね。

コロナ禍と言われ始めたのが、2020年の2月頃のことです。

あれから1年以上の時が経ち、ようやく私の手元にも、新型コロナのワクチン予防接種券が届きました。

まだ予約は取れていないものの、

「やっとここまで来たか」

と言う、少しホッとしたような、

ワクチンに対する期待が高まる、そんな思いがございます。

 

長らくテレワークをなさっていた企業の皆様方も、この7月からは、

「通常勤務を再開させる」

このように話しておられる所も少なくないようで、経済が動き出す兆しが見えて参りました。

街を歩いていても、

「あと少しの辛抱だね!!」

等の、お互いを励ましあう声が聞こえてきます。

通りすがりに聞く、前向きな言葉に、私の背中も押されるような思いが致します。

 

私はコロナ以前から、在宅勤務と言うスタイルでお仕事をさせて頂いておりましたので、

この度のコロナ禍によって、

「テレワーク環境にならざるを得なかった」

と言う皆様方の心中察するに余りあります。

環境の変化、それに対応していかなければらならい日々、こなさなければならない業務、

その気持ちや状態は、私には計り知れないもので、想像を超えている物なのだろうと思います。

業務自体は、

「自宅で一人集中してやる方が効率アップ♪」

と言うご意見はあるものの、

いざ職場を離れてみると、当たり前にあった日常的な物こそが掛け替えのない存在であり、

これまで過ごしてきた環境への有難味に改めて気付かされた・・・。

そのような痛切な思いを、架電中に何度も耳にして参りました。

 

私もこの度、違った形ではありますが、

皆様方が味わった、体験されたであろう「大切な物への価値」に、改めて気付かされる出来事がありました。

 

河合商事では、全てのスタッフが完全在宅勤務をしております。

朝礼と、昼礼で、スタッフ全員が顔を合わせるものの、

アポインター同士が話をする機会というものはありませんでした。

稼働中は、何かあれば社長、またはマネージャーとお話しすることはあります。

ただ、アポインター同士は、顔と名前以外、特に知る機会もなく勤務をしておりました。

 

これは河合商事に限らず、

在宅アポインターとして稼働していれば、それがごく当たり前の事であって、

自宅で一人、黙々と稼働する。それが在宅アポインターの日常なのです。

 

ところが河合商事では、数か月前から新しい試みで、

「稼働中、いつでも自由にアポインター同士が交流できる」

と言う、斬新な環境を導入致しました。

例え架電中であっても、自由に他のアポインターのルームに出入りすることが出来て、

休憩室も設けられており、気分転換に雑談する事も出来るようになっています。

そのような、アポインター同士の交流が出来るようになって、大きく変わったところがあります。

それが何かと申しますと、

「結束が生まれた」

と言うことです。

今までは、顔と名前しか知らなかったスタッフ同士が、

どのような想いでこの会社に来て、

何を目指して仕事をしているのか、

お互いを知ることで、お互いを認め合い、尊敬し、親しみを感じる。

そして、お互いを助け合い、お互いの為に努力しようと言う気持ちが芽生えます。

人は、自分の為ではなく、自分以外の誰かの為!と言う時にこそ、

あともう一歩、あともう一踏ん張り、頑張ることが出来るものだと思います。

仲間の為に、チームの為に、そして何より、その先にあるクライアント様の為に。

自分達に出来る事が、今以上に有るかも知れない。

以前にも増して意欲的になり、チームの結束により営業力も強化したように感じています。

オフィスで毎日顔を合わせていた時には、当たり前にあった環境。

当たり前に出来た気遣いや、ごく普通に築けた結束。

コミュニケーションがもたらす大きな影響力。

このような掛け替えのない物の存在に改めて気付かされました。

 

◆営業力が強化された、河合商事のテレアポチームにとって、こんなうれしい成果もありました♪

 

まさに!私たちアポインターからの、

「電話を待っていました!」

と言うようなお客様の話を、少しご紹介させてください♪

私たちが担当している案件の中で、

このコロナ禍において非常に注目されている分野の商材があります。

今や日本中、どの企業においても導入していない所はないのではないか?

そう思われる状況の下、当然ターゲットの絞り込みが難しくなっていくわけであります。

ただ、面白いことに、誰もが知っている旬の話題や情報であっても、

業界によっては、ほとんど浸透していなかったり、浸透させる術を持ち合わせていないと言う、

不思議な現象を目の当たりにすることがあります。

一見、全く無関係で、ニーズがない業界なのか・・・?

と避けてしまいがちですが、ここはテレアポの強みで、

万一、ニーズが無いと解れば、即座に軌道修正できる強みを活かし、

未知の業界にもアプローチをかけ、反応を見ることが出来ます。

架電先のリアルなご意見をかき集め、検証を重ねた結果、

この業界こそがターゲットだったと言うことが解りました。

架電先のお客様からは、

「そういう方法があるんだね、全く知らなかった。」

「自分達では解決できず困っていた。是非話を聞いてみたい。ありがとうね。」

などのお言葉を頂きました。

その一言で、私たちアポインターの心は一気に浄化され、

明日への活力、更なるパワーを頂くのです。

 

今回のように、営業代行という職種柄、難易度の高い案件をご依頼頂く事が多く在るわけですが、

私たちは日々、アポイントの獲得を実現しています。

テレアポだけを専門的に行うことで、より精度の高い情報収集が可能になりますし、

これまで実際に扱ってきた、様々な業界での事例からヒントを得る事、ひらめくことが多々あります。

実績があるからこそ、自信をもってお引き受けさせて頂いております。

新規でお取引先を開拓したいが、リソースにかける・・・。

これまでのように訪問営業が出来なくなり、オンラインでの商談が上手く行かなくなった・・・。、

そんな企業様のお役に立てますと光栄です。

営業に関するあらゆるお悩みにお応えさせて頂いております。