なぜテレアポ会社がWEB制作をはじめたのか?企業ホームページの重要性を語る!

こんにちは、河合商事の河合です。

 

弊社は創業以来、テレアポ代行をメイン事業としてきました。

とくにリストマーケティングを行った「戦略的テレアポ代行」では、

・高いアポ率

・品質のよいアポイント

・そして低コスト

の3拍子そろったサービスであり、多くのクライアント様にお喜び頂いております。

しかしでございます。クライアント様の大切な商材をテレアポさせて頂く中で、

●●●
河合

これを改善すれば、もっと売れるのに!!

と、もどかしく感じるときがありました。

 

その最たるもの、それは・・・

 

「WEBサイト(企業ホームページ)」

 

でございます。

「テレアポでホームページが必要?」

「ホームページで問合せが入らない業界だから、テレアポをするのでは?」

「テレアポ屋がホームページを口にするとは何事だ!?さっさとスクリプトに磨きをかけろ!」

・・・いいのです。皆様が口には出さずとも、心の中に芽生えた感情は手に取るように分かりますし、私はそれを否定しません。むしろ、その通りかと思います。

たしかに法人取引(BtoBビジネス)では、ホームページの閲覧数(PV)は少なく、問合せがWEB経由で入ることはレアでしょう。古い業界によっては、ホームページがお飾り状態になっており、ほぼすべてを営業力によって支えているケースも多いです。

上記、重々理解しているうえで、改めてお伝えさせてください。

「それでも!」

「法人取引でも!」

「ホームページの整備は重要ですから!!!」

 

なぜなら・・・

 

「あなたが知らないだけで、他の人はめちゃくちゃホームページ見てますから!!!」

 

この記事でお伝えしたいこと。それはこの一言に要約されます。

なぜ私たち、テレアポ会社がWEB制作をはじめたのか?

そしてホームページの重要性について、解説させて頂ければと思っております。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

テレアポで聞かれる「ホームページはどこですか?」問題。

テレアポ代行をさせて頂く中で、強く感じていたもの。それは「BtoB企業でも、強いホームページが必要だ」ということ。

なぜならテレアポでお客様に架電したとき、高確率で聞かれるからです。

●●●
お客さん

ねえ、ホームページはどこ?

なんて検索すればいい?

 

テレアポは相手の顔が見えず、声だけでコミュニケーションを取ります。

それゆえお客様は、「目に見えるなにか」を、今すぐ確認したくなるのです。

その代表格として、まっさきに指名されるのが・・・そう、「ホームページ」でございます。

 

テレアポで興味をもってもらえたときほど、ホームページを聞かれることは多く、もしこのとき

・ホームページを案内したところで、「ふーん」で終わってしまうサイト。

・放置している、デザインが古すぎるサイト。

・検索してもヒットしない状態。

・そもそも、見せられるサイトがない。

残念なホームページしか手元にない場合、ホームページが原因でアポが取れないときだってあるのです。

●●●
河合

NGの件数としては多くはないですが、それでも貴重なチャンスをWEBサイトで潰してしまうことは、非常にもったいないと言えるでしょう。

「たった1アクセス」で、受注を決められる。

「うちの業界は古いから、ホームページなんて誰も見ないよ」

「うちみたいに顧客の要望を聞くやり方だと、ホームページの作りようがないよ」

「どうせホームページをキレイに作っても、誰もみないでしょ?」

 

と、おっしゃるお気持ちはよくよく分かります。

たしかに企業ホームページのアクセス数は、toC向けのサイトに比べたら、はるかに少ないでしょう。(ほぼゼロのケースもあります)

ですが、「アクセスがほとんどない」=「ホームページを整備しなくていい」との理由にはなりません

なぜなら少ないアクセスの中の、たった1アクセスで受注が決まることもあるからです。

コンテンツが充実し、運営者の人となり、仕事ぶりが分かるサイトは、訪問者を感動させます。その結果、

●●●
お客さん

いい仕事をしているのね。

ぜひこの会社にお願いしたい!

と、ホームページ経由から受注が決まるのです。たとえアクセスが少なく、それが「テレアポ経由の1アクセス」でも。

 

たとえアクセスの少ない業界だとしても、たった1アクセスで受注が決まる可能性があるし、この逆も成り立つ。

そしてそのアクセスは、テレアポ経由だったかもしれない。

 

そう思うたび、私はもどかしい気持ちになり、

 

「テレアポする前に、売上に貢献するホームページを作らせてくれたら・・・!」

 

と思うようになりました。

 

企業ホームページで重要な役割「売上に貢献する」とは?

「テレアポ代行をするときに、ぜひ私たちに売上に貢献するホームページを作らせて欲しい」

 

思わずつぶやいてしまいましたが、説明不足があったかと思います。

「売上に貢献するホームページ」について、もう少し詳しく解説させてください。

 

問合せまでの導線が確立されていること。

今の時代、ほとんどの企業がホームページを持っているかと思います。

しかし言葉を選ばずに申し上げますと、「売上に貢献するホームページ」を持っている企業は少ないです。

具体的にいいますと、

 

「問い合わせまでの導線が確立されていない」

 

という企業ホームページがほとんどでしょう。

ここでいう「問い合わせまでの導線」とは、単に「問い合わせボタン」をWEBサイトの中に設置することではありません

サイトを訪れた人(企業)が、

・どのページを見て

・次にどのページを見て

・どんな気持ちになり

・どんな課題を抱えており、

・それをどう解決しようと思い、

・問合せフォームのボタンを押したか?

まで、きちんと設計していることです。

 

キレイな写真を使い、デザインを整えることは大切です。

しかしそれだけでは売上に貢献しません。

なぜなら売上(問合せ)までの導線が確立されていないからです。

せっかく訪れたアクセスは、表面を流れ落ちるように離脱していくでしょう。

 

「売上に貢献するホームページ」とは、デザインよりもコンテンツ(中身)が勝負です。

デザインは、どちらかと言いますと、コンテンツの足を引っ張らない立ち位置かと思います。(もちろん、ブランディングなどの別予算としてお金を積めば、さらに解決しますが)

 

そのため、「売上に貢献するホームページ」を作るには、商材の情報だけでなく、事業内容から創業ヒストリーまで、会社のことを熟知しなくてはいけません。

薄っぺらいコンテンツをいくらキレイにならべても、意味がない、ということですね。

 

お客さんから指名される理由があること。

「売上に貢献するホームページ」のもう1つの重要な定義として、「お客さんから指名されること」があります。

これは営業でたとえるなら、

●●●
お客さん

いつも親切にしてくれる、○○さんにぜひ依頼したい!

と言ってもらえることと同じでしょう。

 

なぜ「お客さんから指名されること」が重要なのか。これは説明不要で、共感頂けるところではないでしょうか。

お客さんからの指名がなければ、

・価格競争に巻き込まれる。

・相見積もりに疲弊する。

・受注率が下がる。

・受注後のフォローが大変になる。

など、売上を上げる面だけみても、相当に苦労してしまうからです。

逆にお客さんからご指名頂ける状況でしたら、これらはすべて解決し、やりがいある仕事をしながら、売上を伸ばすことができます

 

お客さんから指名は、営業に頼らずともwebサイト上で頂くことが可能です。

なぜなら対面の商談でもwebサイト上でも、お客様に伝えるべき想いは変わらないから。

お客さんから指名を頂くためには、サービスの概要や価格だけでなく、

・なぜこの仕事をしているのか?

・この仕事を通じて、お客さんにどんな状態になってほしいのか?

という想いを伝えることが大切です。

先ほどの「売上に貢献する」と重複しますが、お客さんから指名を頂くためには「コンテンツ(中身)」は欠かせません

●●●
河合

表面的なデザインだけでなく、仕事への想いを伝えることが大切ですね!

売上に貢献する。それは私たちが最も得意とするところ。

売上に貢献するホームページの作成は大変です。

なぜなら表面的なデザインだけでなく、より深く事業のことを理解し、ターゲットとなるお客さんを理解しなくてはいけないから。

それゆえホームページ制作を外注しようとすると、それなりにいいお値段がかかってしまう・・・というのが常でした。

 

しかしでございます。

「売上に貢献するホームページを作るには、それなりのお値段がかかってしまう」という問題は、私たちなら解決できます。

なぜなら私たちは営業のプロとして、すでにクライアント様の事業を深く理解し、ビジネスの最前線でテレアポさせて頂いているからです。

・どんな企業に架電すれば、ニーズがあるのか?

・ニーズを抱える企業に対し、どんなトークをすればいいのか?

・想定されるNGは何か?どんな切り返しをすればいいのか?

・商談を獲得するキラーフレーズは何か?

テレアポで必要になる、クライアント様の事業理解。

これはテレアポだけでなく、ホームページ制作でも役に立ちます。

 

スクリプトでアポを打診することは、つまりWEBサイト上でCVさせること。

想定されるニーズを抱える企業に架電することは、特定のペルソナを設定し、ドンピシャで刺さるコンテンツを作成すること。

セールストークは、セールスライティングと共通し、スクリプトの1文字にこだわる私たちは、WEB上のセールスライティングも同様に行うことができます。

 

そして何といっても、私たちの強みは、

 

「クライアント様の売上に貢献すること」

 

ですから。常に「売上」という数字と向き合い、ときに現実に絶望しかけながらも、仲間と手を取り合い、数字(売上)を達成させる。

それこそが、私たちの使命でございます。

 

小手先のノウハウ、表面的なデザインは、熱い想いには勝てない。

クライアント様の商材をテレアポさせて頂いて、常々思うことがございます。

それは、

 

「生半可な気持ちでは、まったく売れないな」

 

ということです。

どんな商材でも、それが無料案件であっても、半端な気持ちで取り組んでいては、結果は出ません。常にガチでなくてはいけません。

ですので弊社は固定報酬を頂いております。「お引き受けするからには、結果を出す」という覚悟と自分への約束でございます。

 

テレアポで簡単に取れるアポはありません。

必要なのは、クライアント様の事業理解と、それを「伝えたい!」と心の底から思える熱い想い。

小手先のテレアポテクニックを学んだところで、獲得できるアポには限界があります。

 

これはWEB制作もまったく同じ。

表面的なデザインだけを整えても効果は薄く、よりクライアント様の事業を理解し、想定されるターゲットにドンピシャで刺さるコンテンツ制作が必要です。

 

そのホームページで、あなたの事業に対する想いは伝わっていますでしょうか?

伝えるための言葉を、正しく選んでいますでしょうか?

疑問に思う内容を丁寧に解説していますでしょうか?

 

「WEB制作は、もはや営業だ!」

「しかもツーブロックな営業ゴリラが行う、ゴリゴリの営業だ!!」

 

私は声を大にして叫びたい。深夜0時を回った今でも叫びたい。

企業ホームページは、売れるホームページでなくてはいけません。

売れるホームページを作るには、そこに営業のプロが関与することが大切です。

 

その重要なお役目、ぜひ私たちにお任せさせて欲しい。

 

これが私たちテレアポ代行会社がWEB制作をはじめた理由でございます。

 

まとめ:売上に貢献する企業ホームページを。

「テレアポ代行会社がWEB制作を?」

 

と聞いたとき、鼻で笑われた方もいらっしゃることでしょう。

いいんです、いいんです。鼻で笑われようとも、私たちはクライアント様のお役に立てれば本望ですので。

日々クライアント様のテレアポ代行をさせて頂く中で感じる、

 

「もっとこうすればクライアント様のお役に立てるのに!」

 

というジレンマは、「それなら私たちがWEBサイト、作りますよ!」宣言で解決できます

いえ、解決させて欲しいのです。

企業ホームページを「売上に貢献するホームページ」に昇華させるには、

・お問合せまでの導線が確立されていること。

・お客さんから指名される理由があること。

の2つが重要でございます。

どちらが欠けても、長期的な売上貢献とは言い難く、遅かれ早かれ、この2点を重点的に攻める必要があります。

 

BtoB取引で、ホームページのアクセスがほとんどない。

そもそも、ホームページから問い合わせが入るなんて・・・と懐疑的である。

 

そんな企業様。ぜひ私たちにお任せくださいませ。

営業のプロとして養ってきたノウハウは、セールストークからセールスライティングに変え、御社の売上に貢献させて頂きたいと思っております。

すでにクライアント様のサイトを作らせて頂きはじめましたが、今後ますます加速させて頂きます。

・費用感はどれくらい?

・どれくらい問合せが入るの?

・テレアポと掛け合わせることで、どんな効果が見込めるの?

素朴な疑問、ぜひお問合せフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせはこちら!

 

▽インサイドセールスをトータル支援!売れる仕組み作りを!

インサイドセールス支援 サービス概要

 

▽大好評!品質の高いアポイント&低コスト「戦略的テレアポ代行」

戦略的テレアポ代行 サービス概要

 

関連記事

  1. インサイドセールス支援|WEBから新規リードを量産・自社のファンを獲得…

  2. コロナ環境の新規営業のポイント|リモート営業で新規リード獲得を。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

在宅でフルタイム!ガッツリ稼ぐ!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


社長ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料