法人営業に転職する人全員に伝えたい、知られざる法人営業の4つの魅力。

こんにちは、営業代行の河合です。

 

「法人営業に転職しようと思うけど、ぶっちゃけ不安でしかない。」

「ノルマに追い立てられたらヤバイ、絶対達成できねェぞ、オラ・・・。」

 

未経験で法人営業の世界に転職することは、とても勇気がいることです。誰だって実力主義の世界に飛び込むのは怖いものですよ。

そのお気持ちはごもっともなのですが、法人営業の世界は、控えめにいってもクソ最高なんですよ。知ってましたか?

なぜなら法人営業ほど「戦略的に売ることにコミットする仕事」はないからです。

 

私は未経験で法人営業の世界に飛び込みましたが、転職してから8年、今では独立して営業代行の会社まで作ってしまいました。

頭から足先まで法人営業、歩く法人営業とは、まさに私のことでしょう。

 

法人営業の魅力は大きくわけて4つあります。

1・戦略的思考を巡らせて、ゾクゾクする。

2・素敵な出会いに、ワクワクする。

3・自ら戦場を駆け巡り、一騎当千する。

4・将来を自分でスケールアップできる。

この記事では、「法人営業、ちょっと気になる!」というあなたのために、法人営業の魅力をあますことなくお伝えしましょう!

 

法人営業の魅力とは、戦略的思考を巡らせて、ゾクゾクすること。

法人営業の魅力は、戦略的思考を巡らせることです。

「営業マン=新規飛び込み営業を繰り返す突撃兵」ではなく、理論と経験を組み合わせて、現場に即した戦略を組み立てます。

自ら考えた営業戦略で敵の牙城(同業他社のメイン顧客)を撃ち落としたときは、「地球に生まれてよかった・・・」と誰しも涙しますよ。

 

営業プロセスを考える楽しさ。

法人営業の魅力は、売れるまでの道筋(営業プロセス)を考える楽しさにあります。

法人営業では、初回のアプローチから取引開始まで長い時間がかかります。またターゲットとなるユーザー数が限られているので、1件の顧客をじっくり腰を据えて営業することが求められます。

ですので、ノリと勢いと若気の至りで飛び込み営業を繰り返したところで、結果なんて出ないのですよ。

「気合いだ、売れ!もっと売れ!」と朝礼で何度復唱したところで、そんなものは法人営業では通用しませんから。

 

大切なのは、売れるまでの道筋を考えること。

・なぜ売れないのか?

・誰なら欲しいのか?

・どう伝えたら、魅力が伝わるのか?

・今欲しくないなら、いつ欲しいのか?

法人営業は、とにかく長期戦です。しっかりと営業プロセスを考えねば、道半ばで行き倒れでございます。

単なる突撃兵ではなく、しっかりと考えながら営業する。これこそ、法人営業の魅力でございます。

 

▽営業プロセスには、マーケティングの視点が大切です。

 

営業戦略を考える楽しさ。

売れるまでの道筋(営業プロセス)を考えることは、正直、営業マンでなくてもできます。

他部署(管理部、マーケティング部、販促部)でも、データを分析すれば、売れるまでの道筋を作ることはできます。

しかし、それはあくまでも机上の空論なのでありますよね。

 

「分析した結果によれば、あの顧客が狙い目だ、さぁ、営業しろ!」

と、げきを飛ばしたところで、実際に営業してみると温度差が違い、営業すらまともにさせてもらえないケースは多々あります。

 

「理論的には売れる!」と判断されたことでも、実際にやってみると様々な要因があって売れないことはよくある話です。

しかし管理部やマーケティングでできる仕事は、ここまでなのですよね。データ的には行けるぞ、でも行けなかったぞ、と。

 

そこで出番になるのが、法人営業でございます。

実際にやってみて不可能と判断された案件を何とかするのが、重大な任務でございます。

不可能と判断された案件を成約させるには、

・顧客の心をどうやってつかむのか?

・顧客の現場はどうやって抑えられるか?

・同業他社の弱点は何か?どうしたら攻められるか?

・援軍(上司、協力業者、メーカー)に助けを求められるか?

戦場(現場)でしか得られない情報を最大限活用し、営業戦略を組み立てる必要があります。

顧客の動向、競合他社の動向に常に注視し、必要なタイミングでしかるべきカードを切る。

これぞまさにリアルシミュレーションゲームであります。この高揚感、たまりませんよ?

 

▽法人営業で売上を上げる方法は、こちらで解説しています。

法人営業の魅力とは、素敵な出会いにワクワクすること。

法人営業の魅力は、顧客を営業で攻めるだけではありません。

法人営業は多くの人と会い、チームプレーで仕事を進めます。そのためビジネスの枠を超えて、素晴らしい出会いができるのです。

 

お客さんとの出会いが素敵すぎる。

営業目的で訪問した顧客なのですが、長い取引をしていく中で、「お客さんと取引業者」との枠を越えて、素敵な戦友としてお付き合いできることもあります。

営業する側としては「買ってくれれば、ミッションコンプリート」なのですが、長い年数のお付き合いしていくと、それ以上の関係「ビジネスパートナー」に昇格できます。

●●●
お客さん

いつもありがとうね。うちの会社が安定しているのも、あなたのおかげね。

●●●
河合

・・・!身に余るお言葉・・・感激であります!!

最初は「売れればいい」だったかもしれません。それがいつしか心の底から「お客様のため」に変わります。その気持ちはお客さんにもしっかり伝わりますよ。

本来ならば「買ってくれてありがとう」と、こちらがお礼を伝えなければいけないのですが、逆にお客さんから感謝されます

これは取引が長くなる、法人営業ならではの魅力ですよね。

 

社外の人との交流が刺激的すぎる。

法人営業の魅力は、社外の人からいい刺激がもらえることにあります。

法人営業では、多くの人と会い、たくさんの人とチーププレイで案件を進めます。

・顧客

・協力業者

・メーカー

1つの案件を数社で進めることも珍しくありません。

多くの人が集まるので、中には「おいおい、こいつの戦闘力(仕事のスキル)やべぇぞ」というスーパービジネスマンもいます。

少しばかり嫉妬もしますが、やはり身近にスーパービジネスマンがいるのは、とても刺激になります。

●●●
残念な営業マン

やべぇ、腐れやべぇぞ、こいつの戦闘力は!・・・私もスキルアップしなくては!

1人で小さな世界にいると、波も穏やかな幸せな日々かもしれませんが、成長することはありません。

ですが仕事をともにすすめる人の中に戦闘力の高い人がいると、それだけで成長の起爆剤になるのですよ。

 

法人営業は社内の人間関係だけでなく、社外の多くの人と関わり、刺激をもらいながら仕事を進めます。

そのためスキルアップにもつながりますし、ビジネスの見識も広がりますよ。

 

法人営業の魅力は、自ら戦場を駆け巡り、一騎当千すること。

法人営業の最大の魅力は、自ら戦場を駆け巡り、一騎当千することです。

世界的な法人相手に闘い、大きな取引を手中に収める快感は、一度味わったら病みつきになる危険さすらあります。

 

巨大取引を手中に収める快感。

「営業=売れなかったらどうしよう?」的な不安はもちろんあります。ですが、いったい誰が「売れない」と決めたのでしょうか?

相手が世界的な企業だとしても、取引額がウン億円の商談だとしても、困難を突破しながら見事商談を成立させることだって十分にあり得る話ですから。

●●●
お客さん

分かったわ、この案件はあなたを信じて御社に依頼するわ。

●●●
河合

3億円の受注とは・・・あ、あ、ありがとうございます!!

法人営業では取引金額も、個人営業とは比較できないほど大きくなります。受注した1件で、会社の命運が左右される場合だってあります。

その分プレッシャーもありますが、成功したときの達成感は、地球上で最も大きいものでございます。

 

法人営業の魅力とは、自分の将来をスケールアップできること。

法人営業はあなたが望むならば、自分で自分の将来をスケールアップできます。

社内で出世して管理職も目指すことも可能でございますよ。

 

出世して、管理職も目指せる。

法人営業では、チームプレーで案件を進めますので、会社のポストも豊富です。

・営業部長

・営業所長

・営業課長

・営業課長代理

個人営業では多くがプレーヤー止まりですが、法人営業なら社内で出世して、管理職を目指すこともできます。

営業プロセス、営業戦略を考えて実行してきた経験は、プレーヤーとしてだけでなく、管理する側でも役立てることができます。

 

ただしポジションが上がるほど、課されるノルマと他人の尻ぬぐいが増えていきます。

・部下の売上ノルマまで管理させられ、プレッシャーが増える。

・部下のモチベーションの管理が大変。

・部下への指導力不足を責められる。

・チーム内の調整役がじみにストレス。

・上司と部下の間で板挟みになる。

増えたノルマと責任に見合った給料が払われているのか・・・。その答えはあなたの胸の中にしかありません。

 

まとめ:法人営業の魅力はハンパない。

「営業って、なんか大変そうだよな」

「営業って、個人のインターホンをピンポンするんでしょ?」

 

身近な営業マンといえば、個人を相手にした営業マンがすぐに連想されます。

しかし営業のなかには、法人営業があり、これがまた味わい深い魅力的な仕事なのですよね。

1・戦略的思考を巡らせて、ゾクゾクする。

2・素敵な出会いにワクワクする。

3・自ら戦場を駆け巡り、一騎当千する。

4・自分の将来をスケールアップできる。

何ということでしょう。あんなに不安だった法人営業が、世界で最も崇高な職業に見えるではありませんか。

ビシっとスーツを着てビジネス街を練り歩いても、作業服を着て現場で汗を流しながら営業するのも、どちらも法人営業で根底は同じであります。

法人営業には夢があります。戦略もあります。そして義理人情もあります。

私は未経験で法人営業の世界に飛び込んで8年が経ちましたが、まさかここまでどっぷりハマるとは思いませんでしたね。

もしも「法人営業、いいかもな・・・」と思っているならば、悪いことはいいません、今すぐ転職しましょう。

なぜって?

それは法人営業は控えめに言っても、クソ最高な世界だからですよ。では、こちらの世界でお待ちしておりますよ!

 

▽法人営業で売上を増やす方法は、こちらでございます。

関連記事

  1. 口下手でもOK!営業に向き不向きはあるの?営業に向いている人の8つ性格…

  2. 「営業は誰でもできるのか?」に営業代行をしている私がすべて答える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


個人ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST
  1. 2018.04.22

    代表者挨拶

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料