「テレアポ代行お試しプラン」で最大成果を出す4つの秘訣!

こんにちは、河合商事の河合です。

「テレアポでガンガンアプローチして新規商談を獲得したいっ!」

「でも結果が出るか分からないから、ほんの少し試してみたい・・・」

とのご要望、たくさん頂きます。また直接お声として言っていただかなくても、商談中のお客様の額には「ちょっと試したいけど、どうしようか・・・」とくっきりと書いてあるのがよく見えます。

弊社のテレアポプラン「戦略的テレアポ代行」でも、お試しとしてご利用頂くクライアント様もいらっしゃいます。

しかしあえて申し上げますと、お試しプランであろうともご利用頂くなら、しっかりと成果をお持ち帰り頂きたいと考えておりますし、そのためのアドバイスをご提供させて頂いております。

万が一耳に痛い言葉があったとしても、それはクライアント様の成功のため。お試しでも引き受けるからには、目指すべきゴールは「成功」の2文字しかありません。

 

この記事ではテレアポ代行のお試しプランで、最大の成果を出すためのポイントについて解説します。

テレアポ代行をちょっと試してみようかな・・・と心がほんの少しでも揺れ動いている方は、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

本気(ガチ)にならなければ、リターンゼロの可能性がある。

テレアポ代行をちょっと試してみたい。

お試しプランを利用してみたい。

 

そう考えるのは、人間の本能としてまっとうな感情かと思います。

しかし冒頭より厳しめになってしまい恐縮ですが、「お試しだろうとも、本気(ガチ)にならなければならない」、ということです。手軽に始められるプランだからといって、気持ちまでフランクな状態でいると、「リターンゼロ」も、十分にあり得る話です。

 

費用コストと労力コストは比例しない。

テレアポ代行を気軽にはじめるお試しプランの費用を、安く抑えられるテレアポ会社もいます。

料金が安ければ、全体にかかるコスト(費用)は少なくすみます。

しかし不思議なことに、費用コストが少なくても、労力コストは少なくなりません

・ターゲット選定

・リスト項目設定

・スクリプト制作

・NG傾向の予測

・実際の架電結果にもとずつフィードバック、修正

・実際の商談結果にもどずくフィードバック、修正

 

「テレアポでアポを取る」

 

というゴールを決めるために必要な労力コストは同じであり、そのコスト量はお試しプランでも変わりません。

にも関わらず、もし万が一、

・テレアポ会社が「お試しプランだから・・・」と手を抜いている

・クライアント(依頼主)が「費用コストが少ないから・・・」と油断している

状態ですと、高確率でリターンゼロの悲劇が発生してしまいます。

テレアポ代行で結果を出すことは、テレアポ会社と二人三脚で爆走すること。

テレアポ会社が真摯に取り組むことはもちろん、クライアント側も本気(ガチ)にならなければ、リターンは得られないのです。

●●●
河合

費用的にはお試しでも、気持ちまで「お試し」でいると、高確率で地雷を踏んでしまいますよ!

テレアポ代行お試しプランで成果を出すポイント

ではテレアポ代行のお試しプランで成果を出すには、どうしたらいいのか?

ポイントは4つでございます。

 

効果検証する項目(KPI)を事前に決定する。

「お試し」というぐらいですから、テレアポ代行に依頼する前に「何を試すのか?」をはっきりさせましょう

・想定した企業集団に、想定したニーズはあるか?

・想定した企業集団に、想定したアプローチ方法は有効だったか?(有効と認める場合のKPI)

・企画した商材の競合優位性は妥当だったか?

・今後、積極的に展開すべきか、市場の反応はどの程度だったか?(有効と認める場合のKPI)

テレアポ代行のご検討ですので、「アポ」を狙いたいのは当たり前。

しかし判断基準が「アポ」しかなければ、仮にアポゼロだった場合、文字通り「リターンゼロ」となってしまいます。

テレアポ代行をお試しするにあたり、「何を試すのか?」を明確にしておけば、アポゼロでも営業アプローチの改善材料が得られ、次の行動もすぐ取り掛かれます。

 

1つの施策(仮説)を試すなら、1カ月。ただし費用は割高。

テレアポをちょっと試す量の目安は、およそ1カ月とお考えくださいませ。

極稀に1~2週間で1つの施策(仮説)の効果検証をご希望される企業様もいらっしゃいますが、それはご無理なご相談というもので。

なぜなら1回の架電で、その架電先企業のすべての情報が分かるとは限らないからです。

・在宅ワーク中で、次回出勤が2週間後であった。

・興味はあるがタイミングが悪く、3週間後にもう一度電話をかけて欲しい。

・たまたま電話をとった人のタイミングが悪かったが、別の人が電話に出ればつながる可能性があるかもしれない。

1つの仮説の答えを導くのに、急いではいけません。焦っては本質を見失ってしまいます。

 

テレアポ代行を1カ月だけ試すことも可能ですが、費用としては割高になってしまいます。

と言いますのも、テレアポ代行をスタートするにあたり、かかるコストは期間に関わらず同じだからです。

・営業戦略の策定

・リスト作成

・スクリプト作成

・アポインター研修

などの費用は、テレアポの継続期間に関わらず、すべて同等のコストがかかります。

つまりテレアポ代行の期間が長いほどお得に、短いほど割高に、という傾向になりますね。

 

テレアポ代行の効果検証は、およそ4か月かかる。

1つの施策(仮説)の検証であれば、およそ1カ月もあればなんとなくの結論は見えてきます。

しかしテレアポ代行全体の効果検証になりますと、およそ4か月ほど継続しなければ、正しい検証は難しいでしょう。

なぜなら、仮説→実施→検証→改善(通称:PDCAサイクル)を1サイクルまわすのに1カ月はかかりますし、改善した結果を検証するのに、さらに1カ月。そして確証を出すのに、さらに1カ月はかかるからです。

3~4か月、ガチでテレアポ代行をご利用頂くと、売れる型がおよそ作れます。逆に3~4か月かかっても売れる型が作れない場合は、「何かがおかしい」との結論になります。

 

もしお試しプランでテレアポ代行をご利用される場合でも、この数か月の期間はテレアポ会社と本気(ガチ)で取り組む必要があります。

アポが取れたら、とったアポの品質をチェック(商談での感触)し、テレアポ会社へフィードバック。

逆にアポが取れないなら、なぜ取れないのか、一緒に考える姿勢が大切です。

 

プランB・プランCを用意しておく。

テレアポ代行のお試しプランは、気軽にはじめられる価格設定であったとしても、気持ちまで気軽では失敗フラグが立ってしまいます。

テレアポの結果を見ながら、常にプランB、プランCを準備しておくことが大切です。

・○○の業界の反応がよくないから、次は△△の業界でやろう。

・商談後のフォローが問題なので、メール営業を平行させよう。

・資料請求率が高いので、PDF資料を充実させよう。

・商材の競合優位性が低いので、商品設計を見直そう。

・テレアポでのヒアリング内容をもとに、新しい商材を企画してみよう。

・テレアポで商談獲得している間に、SEO対策を仕込んでおこう。

テレアポ代行を依頼するのは、あくまでも全体アプローチ手法の中の1つ。

そのためテレアポだけにこだわることなく、「テレアポも含めたアプローチ設計」をしておくと、事業スピードを加速させられます。

せっかく試したテレアポ。

その結果を最大限に生かすため、「やった」という事実に満足しない。

関連性のない行動をしても意味がないので、全体の営業戦略は綿密に計画しておきましょう。

 

まとめ:費用はお試しでも、気持ちは常に本気(ガチ)で!

「テレアポ代行をちょっと試してみたい。」

 

というお気持ちはよく分かりますし、その必要性もよくよく理解しているつもりです。

しかし矛盾するようで恐縮ですが、費用的にはお試しであっても、気持ちは常に本気(ガチ)でなければ成功しないな、というのが率直な感想です。

※それゆえ弊社は常に本気(ガチ)で、クライアント様とのお打合せは1時間オーバーが多く。。。

 

テレアポ代行のお試しプランで成果を出すには、次のポイントを押さえましょう。

・効果検証する項目(KPI)を事前に決定する。

・1つの施策(仮説)を検証するなら、1カ月が目安。

・テレアポ代行の効果検証は、およそ4か月かかる。

・プランB、プランCを用意しておく。

期間限定でテレアポ代行を試すのも可能ですし、事業方針の策定に必要なプロセスかと思います。

とはいえ、本気(ガチ)でお試しで期間限定テレアポをすると、それなりの成果が出るものなので、そのまま継続・・・という嬉しい流れになること多いですけどね。

 

弊社の「戦略的テレアポ代行」でも、期間限定のテレアポは喜んでお受けしておりますし、常にガチでやらせて頂いております。

●●●
河合

費用的にはガチでなくても、世の中、ガチではないものなんてないのかもしれませんね。

 

▽戦略的テレアポ代行の特徴はこちら!

戦略的テレアポ代行

 

▽営業戦略のご相談、お気軽に!

お問合せ

関連記事

  1. テレアポは質が命。アポイントの質が低いと受注に結び付かないので意味がな…

  2. テレアポ代行のアポ単価の相場はいくら?アポ単価を下げるコツを公開。

  3. テレアポ業者が教えたがらない、テレアポに向いている商材・向いていない商…

  4. テレアポで何ができる?どんな強み・メリット・デメリットがあるの?

  5. インサイドセールスとは?テレアポとの違いを分かりやすく解説。

  6. コロナ環境の新規営業のポイント|リモート営業で新規リード獲得を。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

在宅でフルタイム!ガッツリ稼ぐ!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


社長ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料