テレアポ代行の相場はいくら?格安テレアポの料金のチェックポイントとは?

こんにちは。営業代行の河合です。

 

「あっちの会社は1コール98円」

「こっちの会社は1コール300円」

「向こうの会社は1アポ15,000円」

 

テレアポ代行の料金体系はさまざまで、会社によって差がありすぎます。

●●●
お客さん

同じテレアポなのに、どうしてこんなに値段がちがうの?これじゃ選べない・・・

受話器を片手にりんりん電話するだけなのに、ここまで料金がちがったら選べないですよね。

 

そこでこの記事では、

・テレアポ代行の料金の相場

・価格によって変わること、変わらないこと

・価格よりも大切にしたいこと

について解説させて頂きます。

先に結論を申し上げますが、目先だけの価格で業者を選ぶのはおすすめできませんよ!

 

テレアポ代行の料金の相場とは?

まずこちらがテレアポ代行の料金の相場になります。

成果報酬型 固定報酬型
1アポイントにつき料金発生 1コールごとに料金発生
格安 5,000円 78円
平均 15,000円 200円
高価格 20,000円 300円

データリソースは、営業代行業界でたくましく生きる私のデータベース、でございます。

 

テレアポの料金体系は

・成果報酬型(1アポイントごとに料金発生)

・固定報酬型(1コールごとに料金発生)

の2タイプあります。

ですのでテレアポ代行の相場を考えるとき、これらを別々に考える必要があります。

 

>> テレアポの成果報酬・固定報酬について

 

テレアポ代行 成果報酬の料金相場:1アポ15,000円~

成果報酬の料金イメージ
アポイント単価 アポイント数 料金合計
A代行 15,000円 5件 75,000円
B代行 10,000円 5件 50,000円

テレアポの成果報酬とは、1アポイントごとに料金が発生する仕組みです。

ですので1アポイントを獲得するのに、50コールしようが、100コールしようが、200コールしようが、お支払いするのは1アポイント分の料金だけです。

ただし依頼する商材の難易度によって、アポイント単価は変わります

アポイントが取りづらい商材はアポ単価が高く、比較的簡単にアポが取れる商材はアポ単価は低くなります。

 

成果報酬のテレアポは、依頼する側のメリットとして、

・アポイントが獲れなかったリスクを最小限にできる。

・獲得したアポイントの数だけの料金なので、納得感がある。

などがあります。

●●●
河合

ただし成果報酬ですと、「売れない案件にはコストがかけられない(コールできない)」となってしまい、「依頼したのに、テレアポしてもらえなかった」というデメリットもあります。

テレアポ代行の成果報酬の相場は、15,000円~の会社が多いです。

これはアポインターが1日コールし続けて、2~3件(獲得しやすい案件で4~5件)のアポイントが獲得できる計算です。

そのためどんなに安く見積もっても、アポ獲得単価は5,000円~となるでしょう。

 

テレアポ代行 固定報酬の料金の相場:1コール200円前後

固定報酬の料金イメージ
コール単価 コール数 料金合計
A代行 78円 900コール 70,200円
B代行 300円 300リスト(1リストにつき、3回追跡) 90,000円

電話を1コールするたびに料金が発生するのが、固定報酬です。

固定報酬の相場はおよそ150円前後

安い会社ですと、1コール78円~という驚きの料金設定になっています。激安ですね。

高い会社ですと、1コール300円~である価格もあります。

 

ただし固定報酬の場合、料金によって1件の顧客にかける電話の数が変わります

先ほどの例ですと、1リスト(1件の顧客)に対して3回まで追跡して電話をかけます。

この場合、1件の顧客に対してテレアポが完了した時点で1リスト分(300円)の料金が発生します。

 

テレアポの固定報酬のメリットは、

・料金の総額がイメージしやすい。

・案件の売りやすさに関わらず、契約したコール数をこなしてもらえる。

・成約までの営業戦略を提案してもらえる。

などがあります。

●●●
河合

ただし依頼しても「本当にアポイントが獲得できるのか?」との不安があるので、はじめて依頼するハードルは上がります。

 

テレアポの料金によって変わらないもの。

経費です。

「かかる経費は、どの会社もほぼ同じ」と、考えて問題ないでしょう。

テレアポ代行でかかる経費は、

・人件費(給料・保険・教育コストなど)

・電話代

・設備代(電話機・パソコン・ヘッドセットなど)

・事務所代(これは会社によって変わるかも)

など、どの会社も共通かと思われます。

ですのでテレアポのコストを削減しようとするならば、このいずれかの経費を圧縮する必要があります。

●●●
河合

おそらく、もっとも削減効果のあるのが、人件費

支払う給料や、教育コストは削る対象になりやすいでしょうね。

テレアポ代行でかかる経費はほぼ同じ。

「料金の安いテレアポ業者は、このどれかの経費を圧縮している」、と思っていた方がよさそうです。

 

テレアポの料金によって変わるもの。

テレアポ代行、単純に料金だけ比較すれば安い方がいいに決まっています。

 

・・・なんですが。

テレアポ代行の料金によって、サービス内容はかなり変わります。

 

1件の顧客に何回電話をかけるか?

テレアポの固定報酬で料金が安い会社ですと、1件の顧客に対して1回しか電話をかけません

ですので、テレアポしたときの反応が、

 

「今、担当者はちょっと席を外している」

「あと1時間ぐらいで戻るかも」

 

という場合でも、もう電話をすることはありません。

●●●
河合

あと1時間待って電話すれば担当者に繋がったのに、これはもったいないですよね。

 

テレアポの料金が高い会社ですと、「担当者につながるまで、追跡○回までコール」などと書かれています。

これは「1件の顧客に対し、担当者につながるまで〇回までコールする」、という意味です。

ですので正しくは

✖:1コール300円

〇:1件の顧客(1リスト)につき300円

と言った方が正確です。

仮に1件の顧客に3回コールした場合でもかかる費用は1件分の顧客(300円)だけ。

こう考えると、「1リスト300円はそこまで高くないかな?」という印象です。

 

アポインターにかけられる教育の時間。

テレアポの料金が変わると、アポインターにかけられる教育の時間が変わります。

安い料金ではより多くのコール数が必要になるので、教育にかける時間が限られてしまいます。

 

テレアポはトークスクリプト(台本)を覚えれば、最低限のトークはできますが、実際はこれだけでは不足しています。

【アポインターが覚えるべき知識】

・商品知識

・依頼した会社の知識

・業界知識

・電話する相手の会社の情報(会社・業界など)

知識不足のままテレアポすると、お客さんからの鋭いツッコミに答えられず、「どこぞのよく分からんバイトが電話しているな」と思い、依頼主さんの看板を傷つけてしまいます。

せっかく新規顧客を増やしたくてテレアポしているのに、会社の看板に泥を塗っては本末転倒です。

きっちりテレアポして、会社の評判も新規顧客も獲得したいなら、アポインターへの教育コストこそ払う必要があるでしょう。

 

テレアポ以外でのフォローの手厚さ。

テレアポ料金によって変わるのが、テレアポ以外のフォローの手厚さです。

【テレアポ代行会社によって変わる、フォロー内容】

・コール回数、日程の調整。

・トークスクリプトの修正回数。

・リストの見直しの頻度。

・コール状況の報告、相談、提案(毎日/週1回/月1回)。

ただ電話をかけるだけでなく、テレアポの結果を踏まえながら微調整することが大切です。

 

ですが料金の安い業者ですと、「当初契約した内容のまま、ずっとコールし続ける・・・」というパターンもあります。

契約通りにコールしているので問題はないのですが、電話を受けるお客さん、そしてお金を払う依頼主のことを考えると、いかがなものかと思ってしまいます。

 

テレアポ料金以外でチェックすべきポイントは?

これらを踏まえると、テレアポ料金以外でチェックすべきポイントは、この5つになります。

【テレアポ料金以外でチェックすべきポイント】

1・最低コール数

2・契約してからコール数を調整できるか?

3・何回まで追跡するか?

4・アポインターへの教育状況

5・報告の頻度(リアルタイムがベスト)

最低コール数

テレアポ業者の多くは、受注する最低コール数を決めています。

これは1つの案件をはじめるためにかかる費用(トークスクリプト作成・リスト作成・教育費など)を、ペイするための費用です。

コール単価・アポ単価が安くても、最低コール数が多いと、トータルの金額は高くなってしまいます

また自社で処理できる以上のアポを獲得してしまうと、通常業務に支障がでる可能性もあるので注意したいところです。

 

契約後のコール数の調整

実際にテレアポをはじめたとき、アポが集中してしまい、業務が追い付かなくなるときがあります。

このような場合、臨機応変に対応し、一度テレアポをストップする必要があります。

しかし途中でのストップができない会社もあり(コストが回収できないため)、せっかくのアポを活かせない結果になることも。

契約したコール数から変更ができるか?とくに「コール数は減らせるか?」は必ず確認しておきたいところです。

 

何回まで追跡するか?

1回のコールでアポまでつながるケースは極めてラッキーですので、追跡はマストだと思った方がいいでしょう。

格安のテレアポ料金で追跡する場合、別途費用がかかることもあります。

(それでも追跡した方が有意義です)

 

アポインターへの教育状況。

トークスクリプトを覚えただけのテレアポは、結構な確率で「あ、バイトだな・・・」とバレます。これはあまりいいイメージを残しません。

ですのでアポインターに、商品知識・業界知識などを教育しているかを確認しておくといいでしょう。

 

報告の頻度(リアルタイムがベスト)

テレアポの報告頻度は、リアルタイムがベストです。

独自のシステムやクラウドサービス(スプレッドシートなど)を利用すれば、リアルタイムでテレアポの稼働状況が確認できます。

ただし一部の会社では

・アポイントのみ連絡

・テレアポの状況報告は月1回

などと制限がある会社も多いです。

断られることの多いテレアポですので、情報をオープンにしたくない気持ちは分からないでもないですが、だからこそ、オープンにすべきかなと思います。

 

テレアポの報告頻度が少ないと、

 

「アポの連絡は入ってくるけど、どんなテレアポをしているかは詳しく知らない・・・」

 

という状況になってしまいます。

 

テレアポ代行料金の相場まとめ

成果報酬型 固定報酬型
1アポイントにつき料金発生 1コールごとに料金発生
格安 5,000円 78円
平均 15,000円 200円
割高 20,000円 300円

テレアポの料金は会社によってさまざまであり、比較するのも難しいもの。

料金で選ぶのも大切ですが、次のポイントもチェックしてみてください。

【テレアポ料金以外でチェックすべきポイント】

1・最低コール数

2・契約してからコール数を調整できるか?

3・何回まで追跡するか?

4・アポインターへの教育状況

5・報告の頻度(リアルタイムがベスト)

テレアポ業者と上手に付き合って、最大の成果を上げましょう!

関連記事

  1. テレアポで何ができる?どんな強み・メリット・デメリットがあるの?

  2. テレアポ業者が教えたがらない、テレアポに向いている商材・向いていない商…

  3. BtoBテレアポ代行で失敗したのはなぜ?成功させるポイントを解説。

  4. インサイドセールスとは?メリット・デメリットを比較考察。

  5. 営業マンだってテレアポが苦手。営業とテレアポの違い、必要なスキルを解説…

  6. テレアポ代行サービス案内|業界屈指の低コスト・質の高いアポイントを両立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


個人ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料