テレアポに必要な4つのスキル|敏腕アポインターを目指すには?

こんにちは、営業代行の河合です

 

テレアポに必要なスキルって何だと思いますか?

 

・・・え?「コミュニケーションスキル」・・・ですか?

 

・・・正解っ!

しかし「コミュニケーションスキル」だけでは、少々ざっくりしすぎでございます。

もっと分解して考えてみると、

【テレアポのアポインターに求められるスキル】

1・テンポのいいトーク力

2・セルフイメージ能力

3・スピーディーなデータ入力スキル

4・業界の知識、経験

この4つかと思います。

もちろん、4つあれば世界最高のアポインターになれるでしょう。いえ、どれか1つに該当するだけでも十分です。

●●●
河合

なぜなら長所を磨くことで、弱点が補えるからです。一芸に秀でればいいのですよ。

 

この記事ではテレアポのアポインターに求められるスキルを解説させて頂きます。

もしもすべてのスキルをお持ちでいらっしゃったら・・・。

すぐに私たちと一緒にリンリンしましょう。

テレアポのアポインターに求められる4つのスキル

「テレアポに必要なのはコミュニケーションスキルだ。」

 

ええ、その言葉に間違いありません。しかしざっくりしすぎでございます。

むしろこの世にある仕事の中で、コミュ力が求められない仕事なんてないですよね。

 

テレアポのコミュ能力は、4つのスキルに分解されます。

さて、あなたはどれほどスキルをお持ちでしょうか?

 

テンポのいいトーク力。

テレアポに求められるのは、テンポのいいトークです。

大切なのはテンポのよさ。会話のリズム、流れ、相手との距離感ともいえるでしょうか。

・一方的にまくしたてるのでもなく、お客さんからの質問に黙りこくることもない。

・ぽんぽん会話が途切れない。

・不自然な間があかない。

・相手の質問に的確に答え、会話を広げる。

テレアポのアポインターには、テンポのいいトーク力が必要です。

 

しかしテンポのいいトークとは、なにも難しいことはありません。

あなたが親しい友人や家族と普段しゃべっているトークこそが、テンポのいいトークです。

 

「お腹すいた。今日ご飯どうする?」

「え?何も準備してないよ?たまには外食したい。」

「外食?先週もしなかったっけ・・・?」

「したかも。どこだっけ?あ、思い出した、ファミレス行ったね。」

 

これがまさにテンポのいいトークです。

ですのでテンポいいトーク力とは、言ってしまえばほとんどの人がすでに持っているスキルなのです。

●●●
河合

あとはその潜在能力をいかに引き出すか?ですね。

 

セルフイメージ能力

テレアポではセルフイメージ能力が求められます。

セルフイメージ能力とは、つまり役になりきること。シチュエーションを完全に演じ切る能力です。

 

テレアポは電話で声しか伝わりません。

ですので言ってしまえば、電話をするあなたが

・髪ボサボサのノーメイクでも

・ド派手なネイルアートをしていても

・ハゲたおっさんでも

まったく問題ありません。なぜなら電話ではその情報は一切伝わらないからです。

 

・・・ただし!!

電話でもよ~く伝わるものがあります。イエス、それは「雰囲気」です。

・言葉の使い方、選び方。

・声のトーン、テンポ、間合いの取り方。

・言葉の締めくくり方、質問力。

など、電話の声の雰囲気だけであなたがどんな人かを判断します。

 

ですので、テレアポではこれを最大限に利用します。

そのためのセルフイメージ能力です。

 

あなたはどんな営業マンですか?

経験豊富なベテラン営業マン?

フレッシュでやる気のある若手営業マン?

ちょっと緊張気味な人見知り営業マン?

 

すべてはお客さんから信頼を獲得されるため、自己暗示をかけて演じ切ります。

 

テレアポは電話1本、事務所から電話をかけているだけとはいえ、電話口の向こうはお客さん会社の中ですから。

つまあなた(の声)は今、お客さんの事務所の中にいるのです!!!

 

・・・という認識を持ちましょう。

受話器を握ったら、あなたは役者なのです!

 

スピーディーなデータ入力スキル

テレアポはトークしたあと、内容をデータ入力します。

データ入力はトーク毎に必ず発生するので、データ入力は早くなくてはいけません

もしデータ入力が苦手なままですと、トークしているよりキーボードを叩いている時間の方が長くなってしまいます。

これではいくらトークスキルがあっても、コール数が伸びません。そのためアポ数も伸びません。非常にもったいないです。

 

もちろん、データ入力のスキルはあとから身に付けられます。

慣れてくると、トークしながら内容を入力できる離れ技だってマスターできます。

●●●
河合

丁寧なテレアポは必要ですが、丁寧なデータ入力はもったいないだけです。

キーボードを丁寧に打とうが、情報は変わりませんから。

 

業界の知識・経験

これはスキルでも何でもないのですが、業界の知識・経があるとかなり有利です。むしろ必須スキルです。

テレアポのアポインターがしどろもどろになる原因の8割(当社調べ)は、これなんですよ。業界の知識がなくて、お客さんが何を言っているか分からないという。

 

●●●
残念な営業マン

○○というサービスなんですが、○○ということに困ってませんか?

●●●
お客さん

・・・え?じゃぁ、△△という問題が解決できるってこと?

●●●
残念な営業マン

・・・は?・・・え?・・・そ、それは・・・(△△ってなんだ・・・!?)

この展開、あなたに身に覚えありませんか?

アポインターから電話してきたのに、質問したら答えられないという。

これはアポインターに業界・商品知識がないから、相手の言っている話が分からず、脳内フリーズしているのです。

 

勉強して業界知識を身に付ければ、自然と会話は弾みます

お客さんも「何も知らないバイトが電話かけているんじゃない、知識をもった人がかけている」と分かると態度が変わります。

ですので「テレアポはとにかく台本とおりにしゃべれ!」というのは、テレアポの本質からずれているワケでして。

バイトだからこそ、業界・商品知識を身に付けるべき。そのための時間を確保すべきでございます。

 

あったらいいけど、必須ではないスキル

必須ではありませんが、こちらのスキルもあるとテレアポが有利に、楽しくできますよ。

 

強靭なメンタルよりも、相手に共感する能力。

「テレアポは強靭なメンタルでゴリゴリかけるもの」というイメージが広まりすぎて、大変残念な限りです。

だから「テレアポ=ウザい」と言われるのですよ。

しかしテレアポは強靭なメンタルよりも、相手に共感する能力の方が大切です。

・言われてうれしくないトークはしない。

・お客さんの気持ちを察してあげる。

・察した気持ちにあったトークをかけてあげる。

→課題解決につながる

というメリットがあります。

ですので、必ずしも強靭なメンタルは必要ではありません。(あれば役にたちます)

それよりも、相手に共感する能力の方がトークの展開に役立ちますよ。

 

電話番号の早押し能力

「これ、なのスキル?」と思いましたか?

ですがテレアポをやってみると分かります。「お客さんの電話番号が怖くて押せない」と。

 

どんなに周到に準備したテレアポでも、一定確率で心無い言葉を言われ、メンタルが傷つくことがあります。

すると、怖くなって電話番号が押せない病にかかってしまうのです。

これが実にもったいない。

せっかくアポが取れる能力があるのに、番号が押せなくなってしまう。電話をかけなければ、アポは絶対に取れないですからね。

 

ですので、強靭なメンタルといいますか、気持ちの切り替えの早さは大切です。

ガチャ切りされても、すぐに次の電話番号がかけられる。電話番号の早押しスキルは、アポ数増加に欠かせません。

 

まとめ:テレアポに必要なスキルは、あとから身に付くものが多い。

あらためてテレアポのアポインターに求められるスキルをまとめてみます。

1・テンポのいいトーク力。

2・セルフイメージ能力。

3・スピーディーなデータ入力スキル。

4・業界の知識、経験

どうですか?

テンポのいいトーク力はイメージそのままかもしれませんが、それ以外は予想外なスキルではないですか?

もちろん、これらのスキルはあとから身に付けられますし、すべてのスキルをコンプリートする必要もありません。

どれか1つのスキルだけでも問題ありません。長所は磨けば、短所を補えるのです。

ぜひ素敵なテレアポを。それでは、また!

 

関連記事

  1. テレアポでありがちなミスを防ぐ!アポを取ったら確認すべき4つのこと。

  2. 辛いテレアポ辞めませんか?新人がすぐ辞める職場に伝えたい4つのこと。

  3. 動画・映像制作のテレアポのコツ|潜在化する顧客のニーズを引き出せ!

  4. テレアポで「資料送って」と言われたら?|資料送付からアポを取る方法。

  5. 難しい無形商材のテレアポの3つのコツ!アポ率改善の神髄とは?

  6. テレアポトークは短いor長い?営業プロセスから最適スクリプトを作る方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


個人ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料