口下手でもOK!営業マンの必須スキル「セールスライティング」の重要性を解説!

こんにちは、営業代行の河合です。

 

「営業マンはしゃべってナンボ。キレッキレの営業トークでお客さんのハートを射止めてナンボ!」

 

・・・と思っていませんか?

イエス、もちろん営業テクニックバリバリのトークは重要です。

しかし営業でもっと重要なスキルが、「セールスライティング」でございます。つまり「書く力」ですね。

書く力を伸ばすことで、営業力が伸ばせます。ひいては売上アップだって可能です。

 

この記事では営業する上で外せないセールスライティングについて解説させて頂きます。

口下手で営業トークが苦手・・・という方。ぜひセールスライティングを身につけて、最強の営業力を身につけましょう。

 

営業に書く力がなぜ重要なのか?

「営業=しゃべる仕事」というのは間違いではありません。しかし正しいとも言い切れません。

なぜなら営業の役割は、お客さんに自社の想いを伝えることだからです。

自社の想いを伝える方法は、お客さんの目の前でしゃべるだけではありません。

・メールを書く。

・HP(ブログ)を更新する。

・DM(手紙)を書く。

・キャッチコピーを書く。

これらに共通しているのは、どれも「文章を書く」ということ。文章を書くことで、お客さんに想いを伝えられるのです。

 

文章を書くことは、しゃべること同様に重要です。

いえ、ネット社会に突入している現代では、書くスキルの方が重要かもしれません。

 

セールスライティングは保存できる・蓄積できる・拡散できる。

セールスライティングのメリットは、3つあります。

・保存できる

・蓄積できる

・拡散できる。

これら3つのメリットは、どれも文章だからできること。一度文章を書けば、時間とともに色あせて消えることはありません。一方でセールストークは動画で撮影しなければ、言った側から消えていってしまいます。

文章は消えないので、蓄積することだって得意です。

HPやブログにアップし続ければ、やがて膨大なセールスライティング集になります。これを全部しゃべろうとするのは、物理的に無理ですよね。

ですが文章であれば、書き溜められますし、読み手もすきま時間に流し読みすることもできます。セールストークほど相手の時間を拘束しません。

 

またネット社会の特徴として、拡散がございます。

書いた文章はSNSを通じて拡散されることがあり、より多くの人に読まれることに。リアルの社会でいえば、口コミが一気に広がっていくイメージでしょう。

 

ここまで大きいセールスライティングのメリット。

しかしこれは書くスキルがあってこそ受けられる恩恵です。もしも書いた文章が小学生の作文のような駄文だったら・・・?

●●●
河合

全世界に向けて恥をさらしてしまうのと同じでございます。

ネットで文章を書くのは、もろ刃の剣。ぜひセールスライティングを身につけて、売上アップに結びつけたいところです。

 

書くことで話の構成がうまくなる → トークもうまくなる。

口下手な営業マンほどセールスライティングを身につけるべき理由は、セールスライティングを身につけることでセールストークもうまくなるからです。

「書く」・「しゃべる」はまったく別のスキルのように感じますが、いいえ、ちがいます。

どちらも言葉を使って、「相手に想いを伝える」、ということが共通しております。

そのため書く練習をしていくと、

・文章(話)の構成がまとまる。

・言葉の選び方がうまくなる。

・無駄な文章(トーク)を省くので、聞きやすい文章(トーク)になる。

ライティング・トーク、ともにスキルアップできるのです。

ですので、口下手な営業マンだって書く練習をすれば、お客さんの前でスラスラしゃべれるようになります。

●●●
河合

ちなみに「無口・無表情・不愛想」のゴールデンルーキーとして営業デビューした私は、書く練習によってだいぶ人前でもしゃべれるようになりましたよ。

人前に立っただけで頭が真っ白になってしまう方。まずは書く練習からしてみませんか?

 

 

顧客は営業マンに会うまで、多くの情報(文章)をリサーチする。

書くことが重要なのは、近年のネット社会・情報化社会による影響が大きいです。

ネットが発達した現代では、顧客は営業マンに会うまでに多くの情報(文章)をリサーチします。

●●●
お客さん

アポの依頼が来た会社。ネットで調べてもなにも情報が出て来ない・・・。

怪しい会社かな?アポは断ろう・・・。

もしも顧客が事前リサーチしたときになにも情報がヒットしない、もしくは程度の低い情報(時代遅れのHP・小学生のような文章)だったら、その時点でアウトでございます。

 

 

ですので営業トークを磨く前に、まずはライティングスキルを磨いて、顧客のハートを射抜く文章を書く必要があります。

もちろん会社案内・商品の説明だけでなく、

・起業した想い。

・商品を開発したストーリー。

・販売する人の人間性。

これらを顧客に知ってもらうのに文章はもってこいです。

「俺、日本語しゃべれるし、文字も書けるし。」「いまさら文章を書く練習なんてしなくてもいいよな。」

なーんて思っていると、1人寂しく時代に取り残されてしまいますよ。

 

ライティングスキルは、書けば書くほど磨ける。

いかがですか?ライティングの重要性、ほんの少し共感頂けましたでしょうか?

・・・と、えらそうに語りましたが、じつは私は書くのも苦手でございました。

●●●
河合

トークもライティングも苦手で、よく営業を続けて来れたなと思いますが・・・めんぼくないです。

 

 

ですが、だからこそ思うのです。ライティングスキルは努力次第で伸ばせると。

もちろん、生まれ持ったライティングセンスがあることは認めます。

読んだ瞬間に心を奪われる文章、小説のような独特の世界観を創れる文章。とてもマネできません。

 

しかし正しい努力を続けることで、自分のもつ魅力を伝えられる文章がかけるようになります。

自分の魅力を伝えられる文章がかける。これは営業マン、いえ、独立して自分で営業する方にとっては必須スキルでございます。

ライティングスキルを伸ばすには、書く練習を続けることが大切です。

正しい書き方を学びながら、練習を重ねるのが一番の近道。「急がばまわれ」、ですね。

 

まとめ:営業するなら、書く力を磨くべし。

営業マンだからしゃべってナンボ!

というのも一理ありますし、テレアポ代行を営んでいるので、さすがにお口チャックでは生きていけません。

ですが営業マンはしゃべることと同じくらい、書くことも重要でございます。

セールスライティングは保存できる・蓄積できる・拡散できる。

書くことで話の構成がうまくなる → トークもうまくなる。

顧客は営業マンに会うまで、多くの情報(文章)をリサーチする。

日本語が書けるからといって、あなどるなかれ。ライティングの世界はとても奥が深いのです。

口下手な営業マンほど、書く練習をしてみましょう。

ライティングスキルは強力な武器になる上に、営業トークもうまくなりますよ。

 

ぜひ素敵な営業を。それでは、また!

関連記事

  1. 最新SEOは企業ドメイン優遇へ|BtoB企業こそオウンドメディアのチャ…

  2. 今度は失敗しない!BtoBオウンドメディアを無理なく続ける5つのコツ

  3. 目指せアクセスアップ!BtoB企業オウンドメディアが実施すべきSEOマ…

  4. BtoB企業のオウンドメディア成功の5つの秘密|つまらないコンテンツか…

  5. WEBセールスに挑戦するなら知るべき、SEO集客のメリット・デメリット…

  6. Google検索アップデートでアクセス減少。BtoB企業オウンドメディ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


個人ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料