テレアポ料金のざっくりお見積り!|営業マンを雇うよりこんなに安い!

こんにちは、営業代行の河合です。

 

テレアポの料金はいくらぐらいかかるのかな?

営業マンを雇う場合より、どれくらい安いの?

どれくらい効果があるの?

 

テレアポ代行はすっかり定着しましたが、いかんせんアンダーグランドの世界なため、はじめての方には費用感がつかみにくいと思います。

そこでこの記事では、「テレアポ代行を依頼した場合にいくらかかるのか?」、ざっくりとお見積りさせて頂きます。

結論から申し上げますが、営業マンを雇うよりもかなりお安くなります。ぜひご検討を。

 

営業マンを雇った場合のコスト

テレアポの費用と比較するために、まずは自社で営業マンを雇った費用をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーションでは、営業を3年間経験した経験者を中途採用するケースを考えてみましょう。

 

営業マンに支払う給料。

営業マンを雇用したときにもっとも重い費用は、給料です。

売上が悪くても、毎月決まった給料だけは払わないといけません。

では毎月の給料はいくら払えばいいでしょうか?

 

・・・18万円?

・・・20万円?

・・・25万円?

 

適正な給料を考えるのは難しいですよね。

それもそのはず、支払うべき給料は市場の原理によって決まるからです。

・18万円で募集したところ、誰一人として応募してくれなかった。

・20万円で募集したところ、他社では採用されなかった人材ばかりが応募された。

・25万円で募集したところ、しっかり営業してくれそうな人が見つかった。

あなたは営業マンを選べる反面、「その人がどんなことができる営業マンなのか?」、しっかり判断しなくてはいけません。

安い給料でいい人材が見つけられれば、ラッキーです。

しかし運まかせのシミュレーションでは意味がないので、ここでは営業マンの給料=25万円としましょう。

●●●
河合

正直なところ、営業経験者を25万円で見つけるのもかなり難しいとは思いますが・・・。

あまりハードル上げても仕方ないので、まずはこの辺にてスタートです。

 

営業マンを採用するコスト。

営業マンを雇うとき、そもそも採用するコストがかかります。

・求人媒体(タウンワーク・リクナビ・マイナビ):1週間で10万円~無制限

・人材紹介(リクナビエージェント・ビズリーチ・パソナキャリアなど):採用決定時に年収の30%の紹介料

転職サイトに求人を掲載すると、1週間で10万円のお金が吹き飛びます。

しかもお金をかけたからといって、必ず応募が来る保証はありません

求人業界の実情として、転職希望者は2割の大手企業の求人に殺到します。その他大勢の中小・零細企業の求人は華麗にスルーされます。(1週間で10万円も払っていながら)

 

人材紹介の相場は、年収の30%の紹介料です。

月25万円で雇う営業マンなら、年収300万円です。(ただしボーナス・その他手当なし)

自分が給料もらう立場だったら、年収300万円はごめんなさいです。

ですが

・独立して間もない、スタートアップ直後。

・新しいサービスをリリースするときで、事業にそこまでお金がかけられない。

という状況であれば、年間300万円は重い支出です。

人材紹介で営業マンを紹介してもらう場合、300万円×30%=90万円の紹介料がかかります。

 

しかしあなたは思いませんでしたか?

 

「ハローワークで募集すれば、ゼロ円じゃん!」

 

・・・イエス、ご指摘のとおり、ハローワークで採用すれば、求人掲載料も紹介料もかかりません

しかしあなたの目的は求人掲載料をゼロにすることではなく、自社の営業をしてくれる営業マンを雇うことですよね。

お言葉ですが、ハローワークを利用し、現場に行ったことはありますか?

私ですか?私は何度もありますよ。

独特の負のオーラがあり、前向きに「転職したい!」という空気ではなかったのをよく覚えております。ちなみに前勤務先はハローワークからの応募でした。

しかしハローワークは、「いい人材を探す」という面以外にも、

 

「すべての人の雇用の受け皿」

 

という目的になっていることを忘れてはいけません。

お金はかかりませんが、あなたの求める人材を探す労力はかかります

 

営業マンを雇ったときの、保険料。

営業マンを雇ったとき、給料以外にも保険料がかかります。

給料25万円を払う場合、

・健康保険料:14,955円(4.985%)

・介護保険料:2,580円(0.86%)

・厚生年金保険料:25,680円(8.56%)

・雇用保険料:2,550円(0.85%)

合計:45,765円

毎月45,765円、年間にして549,180円、給料とは別にかかります。

これは正社員、フルタイムで雇用したときにかかる費用なので、パート勤務で条件を変えれば払わなくてもすむ可能性があります。

ですが今回採用したいのは、営業マンです。

パート勤務での募集では営業マンの採用は難しいので、このシミュレーションではいたしません。

 

まだまだかかる!営業マンを雇ったときの費用!

細かくて申し訳ございません。ですが、まだ費用がかかるんです。

営業マンを雇っただけでは営業はおろか、テレアポすらできない状態です。

なぜなら営業・テレアポも、はじめるための備品が必要だからです。

・社有車

・電話回線

・電話機

・営業リスト

・パソコン

細かい備品をカウントしたら、キリがありません。(テレアポのヘッドセットなど)

 

「こんな細かい費用まで拾いやがって。お前は器の小さい男だな!」

 

と罵倒されても、私は謝ることしかできません。

だって事実かかってしまう費用なのですから。仕方ないです。

 

テレアポスタッフを直で雇用した場合は・・・?

ここまでお読み頂きありがとうございます。

しかし思いませんか?

 

「営業マンじゃなくて、テレアポスタッフを直で雇用したらいいんじゃない?

 

・・・イエス、あなたのご指摘はごもっともでございます。

たしかに営業マンではなく、テレアポスタッフを直で雇用できれば最高です。採用コストも給料も下げられます

 

ですが問題なのが、

・そもそもテレアポスタッフの採用は難しい。

・採用したとしても、だれがテレアポ教えるの?だれが管理するの?

・テレアポスタッフが一人で孤軍奮闘するの?メンタルやばくない?

などなど、現実的には解決できない問題が多いのです。

テレアポスタッフならば、時給1,500円~で採用できるかもしれません。

しかし実現にはハードルが高すぎるので、今回は営業マンでシミュレーションします。

 

テレアポ代行でかかる費用、ざっくりお見積り!

ではテレアポ代行を依頼した場合、ざっくりいくらかかるのかお見積りさせて頂きましょう。

 

「毎月400件の顧客にアプローチする」が一つの目安になる。

テレアポで目安になるのが、「毎月400件の顧客にアプローチする」という数字です。

一か月に400件の顧客にアプローチした場合、その反応は次のようになります。

・資料請求などの反応(10%):40件の資料請求

・「会ってみたい!」とのアポイント(2%):8件のアポイント

※%は商材によって変わります。

毎月400件もの顧客にアプローチすれば、なにかしらのアクションが得られ、そこから成約に結びつく確率は高くなります。

ちなみに毎月400件のアプローチは、20日稼働で割れば、「1日20コール」。

たった20コールと思うかもしれませんが、やってみると結構大変ですよ。しかも一か月継続する・・・と考えると、

●●●
河合

餅は餅屋。業者に任せてしまった方が確実かと思います。

素直にそう思ういます。

 

初期費用:84,000円。

まずテレアポをはじめる前に、初期費用が84,000円かかります。内訳は次のとおり。

・初期費用:48,000円

・リスト製作追加300件分:36,000円

 

この費用は、

・トークスクリプトの製作。

・テストコール費。(スクリプトが適正か、確かめるために実際にコールする)

・コールリストの製作。

に使われます。

テレアポのスクリプトは、打ち合わせ含め、およそ1週間かけて製作します。

またリストは見込客を抽出後、1件1件チェックし、見込みのうすい企業を外していくので、精度の高いリストが完成します。

 

初期費用がかかるのは、

・弊社にはじめてご依頼いただくとき。

・新しい案件(商材)をご依頼いただくとき。

だけです。

ご依頼いただいていたテレアポの案件を一度ストップさせ、再びテレアポを再開するときは基本料金の10%のみになります。

 

基本料金:112,000円/月

テレアポ代行では、基本料金(コールする費用)として、1リストにつき280円かかります。

400リストに対してコールする場合、

280円×400リスト=112,000円

かかります。

もしもコールしたときに担当者につながらなかった場合、最大3回まで追跡営業します。この費用は112,000円に含まれています。

 

テレアポ成果報酬 80,000円/月

テレアポをすると、一定の確率でリアクションが得られます。ゼロはありません。

今回はもっともハードルの低い、「もっと詳しい資料が見たい!」とのリアクションを成果地点としてシミュレーションします。

成果報酬単価(資料請求):2,000円

成果発生率:10%

テレアポ成果報酬=400×10%×2,000円=80,000円

※成果報酬単価、発生率は商材によって異なります。

およそ80,000円の成果報酬が基本料金とは別途かかります

弊社のテレアポ代行は着実に成果を出すことに定評があり、成果がゼロで悩む・・・ということは今までありませんでした。

むしろ「成果が出すぎて業務が追い付かないから、一旦テレアポをストップしてほしい」との連絡が多いです。

 

【オプション】追跡メールサービス

また弊社では、テレアポしたお客様に対し、メールで追跡営業するサービスもやっています。

【料金】

メール送付:料金は案件、送付数により異なります。

キラーページ制作:10,000円(1ページ)

 

あらためて営業マンの雇用とテレアポ代行を比較してみる。

営業マンを雇う テレアポ代行
営業経験者を月収30万円で雇う場合 毎月400件の顧客にアプローチする場合
イニシャルコスト
採用コスト:50万円~ 初期費用:84,000円
教育コスト:愛情を注ぐだけ
営業に必要な備品など
ランニングコスト
給料:300,000円/月 基本料金:112,000円/月
保険料:45,000円/月 成果報酬:80,000円/月
その他残業代・手当・ボーナス リスト追加制作300件分:36,000円
注意事項
営業マンのメンタルがやられると、急に退職する。
お客様のシュートの直前まで丁寧にサポート。
笑顔でテレアポするとは限らない。 テレアポだけでなく、全体の売れる仕組み化までご提案。
不満をため込む、不満を言う。

営業マンを雇う場合とテレアポで毎月400件の顧客にアプローチする場合を比較してみました。価格の差は歴然です。

もちろん、営業マンを雇う目的は「今すぐ売上を上げるため」だけではなく、「会社の将来を背負う人物を育てるため」という面もあります。

そのためにコストをかける・・・ということであれば、高い買い物ではありません。

 

ですが、

・今すぐに売り上げを上げたい。

・コストをなるべくかけず、着実に売り上げを上げたい。

・最小の労力で、効率よく売上をあげたい。

ということでしたら、とるべき選択肢は決まってくるのかなと思います。

 

テレアポ代行は、独立初期・新事業の立ち上げにおすすめです。

そもそも比較する土俵がちがう、と言われればそれまでの話。

ですがテレアポ代行は、営業マンを雇うよりもはるかに安く・早く・確実に成果を出すことができます。

・独立して間もない方。

・新規事業をスタートさせた方。

・最小の労力で営業したい方。

これら1つでも該当する方にテレアポ代行はおすすめですよ。

 

「こんな商材扱ってるけど、大丈夫かな・・・?」

 

と思ったあなた。まずはこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

 

▽弊社のテレアポサービスについては、こちらでも解説しています。

 

関連記事

  1. インサイドセールスとは?メリット・デメリットを比較考察。

  2. テレアポは質が命。アポイントの質が低いと受注に結び付かないので意味がな…

  3. 誰も教えてくれなかった、テレアポ代行業者の比較ポイント16選。

  4. テレアポ代行の初期費用の内訳|無料の落とし穴に注意!

  5. テレアポで何ができる?どんな強み・メリット・デメリットがあるの?

  6. コロナ環境の新規営業のポイント|リモート営業で新規リード獲得を。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新規リード獲得を強力サポート!

すべての記事をみる

カテゴリー

代表プロフィール


営業代行  /  テレアポ代行  /  WEBセールス
 

 

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

 

その後会社を退職し、営業代行として独立。現在3年目。

 

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

 

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。

 

栃木の営業代行といえば、河合商事。

 

河合商事といえば、栃木の営業代行。

 

 


個人ブログはこちら >>

おすすめ記事はこちら! NEW POST

在宅テレアポスタッフ募集中!

人気ダウンロード資料